風俗から抜け出せない

楽しさの秘訣。それは自分です

どんな風俗嬢を選ぶのかは、きっと誰もが良い意味で迷っていると思うんですよ。その迷いもまた、楽しい部分ですしね(笑)だからあれこれ迷っている時もそれはそれで楽しいと思うんですけど、でも風俗が楽しいかどうかは、女の子はもちろんですけど、お客側もある程度は重要かなって思いますけどね。むしろそれこそが最も大切な部分出もあるんじゃないかなとさえ思うんですよ。なぜなら、風俗って自分なりにいろいろなことを考慮しなければならないんです。女の子が考える側だろうって思うかもしれないんですけど、そうじゃないんですよね。確かに女の子の役割も大きいとは思いますけど、女の子がどんな気持ちになるのかは、男の態度や雰囲気次第だと思うんですよ。それこそずっと不愛想だったら、さすがに女の子だって萎縮してしまいますよね。そんなことは目に見えているじゃないですか。それじゃ意味がないんですよ。女の子の全力をサポートする。そんな気持ちも大切かなと。

歩いていくくらいがいいんです

会社の最寄り駅の隣の隣に風俗街があるんです。隣駅であればともかく、隣の隣ともなればさすがに少し遠いんじゃないかって思うかもしれませんが、それが丁度良いんですよ。歩くと2kmちょいくらいですかね。まぁ30分ちょいくらいで行ける距離なんです。さすがに暑い季節は無理ですけど、涼しい季節や寒い季節であれば特に問題ない距離なんですよね。それに、丁度良いウォーミングアップにもなるんですよ。スポーツを思い出してみて下さい。どのアスリートも入念にウォーミングアップをしているじゃないですか。それなのに自分だけしていないって、おかしな話ですよね。風俗だってある程度は体を使うことなので、ウォーミングアップも必要だと思うんですけど、ウォーミングアップをする場所なんて用意されていないので、自分は歩いて少し体を温めてほぐして。そのくらいのタイミングで丁度風俗店に到着するし、予約をしていれば時間調整にもなるしで何かと都合が良いんですよ。