風俗から抜け出せない

やる気は自分の問題なんですよね

モチベーションが低下している時って、どうしても出てくると思うんですよ。それは風俗のって意味だけじゃなく、人生のモチベーションですね。モチベーションを見失ったり、あるいは出すに出せないとかいろんなシチュエーションがあると思うんですよ。でも、人間モチベーションこそ大切ですよね。こればかりはどうにもならないので、モチベーションが低くて自分でもどうすべきかなって思うような時には風俗に行くんです。風俗に行って女の子と密室での時間を過ごせば、それまでの自分とは違う自分になれるんです。それだけでも風俗に行く価値があるんじゃないかなって思いますけどね。それに、性欲に関してはどれだけモチベーションが低くともしっかりと発揮出来ると思うんですよ。他の気持ちは、自分のメンタル次第では上手く発揮出来ないケースもあるかもしれませんが、性欲に関してはそんな心配をする必要はないんじゃないかなって思うので、困ったら風俗ですよ。

幼馴染プレイを楽しんだ

幼馴染とのプレイ。それはきっと、現実ではあまり起きないことで、でもアニメとかドラマとかだと多い展開だと思うんです。それはつまり、誰もが願望としては持っているってことなんじゃないですかね。そんなプレイをこの前風俗で楽しんできました。相手が幼馴染だったって訳じゃないです。あくまでもそのプレイを楽しんだってだけのプレイですけど、それがまたとっても楽しかったんですよ(笑)コスプレだってことくらいは自分でも分かっているんです。ましてや風俗だってことも重々承知しているつもりではいたんですけど、いざ自分がそのシチュエーションに身を投げ出されると、本当に幼馴染なんじゃないかって錯覚してしまって、いつも以上に興奮しちゃいましたね。自分でもなんとなくというか、興味本位で選んだプレイだったんですけど、想像以上でした。何で多くの人が幼馴染という存在に憧れるのかがよく分かったような気がしますね。頭の中ではいろいろと凄いことになっていましたし。